生産性向上ツール:社員教育、現場モラルアップ、多品種生産のヒント、品質管理

  新発売

 DVD-R 約60分
C食品工場のムダを削減し,生産性向上,収益アップを狙う DVD5000円/枚+消費税

 
食品製造業の生産性は製造業全体の平均の60%しかない。食品製造業の生産性はその経営規模が小さいからではない。では食品工場の生産性が何故低いか,生産性の高い電機工場との比較により,その原因を解説する。食品工場の生産性が低い理由は,1.分業化 2.標準化 3.ライン化など,生産管理技術の遅れに尽きる。
 特に大規模工場の生産性が,他の製造業に比べて低い,それは生産管理技術の導入の遅れにより,大量生産の強みを享受出来ていないからである。食品製造業の実例を上げながら,改善すべき点を解説した。これらの点を改善すれば,間違いなく生産性を上げる事ができる。演者はこれまでに100を越える工場を指導してきた,その経験を元に食品工場の陥りやすい点を示した。
 ITを利用した,投入した労働力を,如何に生産力に振り向け,生産性を上げるかなど,解決法にも言及している。食品工場経営者,管理者には管理の基本を示したバイブルとなろう。
 今回は今までのCDからDVDにメディアを変更したので,DVDが再生できるパソコンで視聴していただきたい。CDしか再生できないパソコンではご覧になれません。

 CD-R 約27分
B 多品種生産工場の生産性向上のポイント  CD 3000円/枚+消費税
 食品工場の生産性向上のための解説CD第2弾。
今回は多品種生産工場の生産性向上にスポットを当て、より具体的で分かりやすい解説になっている。 生産性の向上を図るためにトヨタ等で採用されている「あんどん方式」の解説や生産性向上についての基本的な考え方を解説し、今回は特に、複数のラインで同じ作業者を一部共有している時に起こりやすい問題点とその解決方法等が解説されている。多品種生産のためのヒント満載です。
 CDの収録時間は約30分。パソコンソフトのウインドウズ・メディアプレーヤーまたはクイックタイム(マッキントッシュ可)で簡単に視聴できる。

 CD-R 約60分
A 食品工場の生産性向上  CD  3000円/枚+消費税
 弊社代表の弘中泰雅が食品工場の生産性向上への考え方やその取り組みを一枚のCDに収録した。このCDは代表が実際に食品工場の幹部にプレゼンテーションした現場をビデオに収め、それをCD化したものである。
 生産性の向上を図るためにトヨタ等で採用されている「あんどん方式」の解説や、パラダイムの転換が起こっている時代の考え方、そして、食品業界が生産性向上に取り組まなければならない理由や生産性向上についての基本的な考え方、さらには、それを解決するための方策等が分かりやすく盛り込まれている。社員教育、現場モラルアップにご利用ください。
 パソコンで簡単に見れるようにビデオをCDに落としたので、画質自体はそれ程良くはない。CDの収録時間は約1時間。パソコンソフトのウインドウズ・メディアプレーヤーまたはクイックタイム(マッキントッシュ可)で簡単に視聴できる。生産性向上の必要性が良くわかる。

    出力(印刷)例

 
@ 品質管理ソフト  CD 3000円/枚+消費税
 昨今消費者の製品に対する目は厳しくなり、生産者は自らの製品の品質に最大の注意を払わねばなりません。全ての製品の品質を測定することは甚だ困難でありますので、現実的には統計処理を行って品質の保証を実現しなければなりません。本ソフトはそのような生産者に、簡便に品質管理を実行していただけるように作成したものです。例えば多くの商品は表示量で消費者に内容量を示しています。したがって適正に表示量を確保するための措置をしなければなりません。そのためには表示量より少し多い量を管理下限界値として定めこの値を下回らないようにする必要があります。またコスト削減の観点から管理上限界値を定めこの値を上回らないようにしてできるだけ「入れすぎ」を無くす事も経営的にも大切です。本製品は、このような品質管理を目的としたソフトです。表示量を元に正味量から、管理下限界、管理上限界の管理基準を定め商品の管理状態をチェックします。正味量は実際に計測する計量データ(商品の総量である計量値)から風袋量(包装紙等の内容物以外の量)を差し引いた量として考えます。すなわち正味量=計量値−風袋量(包装紙等の内容物以外の量)として考えます。管理状態は誤差(正味量−表示量)、分布幅(正味量の最大値と最小値の差)、標準偏差、平均、誤差平均、公差3σ(6σ)の管理幅、正規分布化したグラフで表示します。
 また一つの商品に対して入力できる計量データの数(サンプル数(最大500件)、入力できる単位は商品ごとに設定する事ができます。但し、管理する商品の母集団は正規分布していることが前提になります。貴工場の製品の品質のバラツキなど品質の管理に有効です。

 品質管理ソフトのシステム環境

コンピュータ本体

Pentium 1GHz 相当以上を推奨

OS(オペレーティングシステム)

Windows XP、2000

ハードディスク

40MB 以上

メモリ

128MB以上を推奨

ディスプレイ

推奨解像度 1024×768以上

プリンタ

上記OSに対応したプリンタ

マウス

上記OSに対応したマウス

キーボード

上記OSに対応したキーボード

ディスク装置

CD−ROMドライブ

日本語入力システム

使用するOSに準ずる

 
価格は@,A,B,はいずれも 3000円+消費税 Cは5000円+消費税 送料別
  
   今回Cの発行を記念して,A,B,Cをまとめて,ご購入の方には,
3枚セット合計10000円+消費税で特別に期間限定で販売いたします。この機会にどうぞ。

  郵便番号
  ご住所
  会社名
  ご芳名
  電話番号
  ご希望のCDタイトルと枚数 
  
  を確実にご記入の上 ご注文は Eメール 若しくは FAX でお願い致します。
 
  CDのお申し込み     FAX番号 0742-42-2450  テクノバ

 弘中泰雅著 よくわかる「異常管理」の本 日刊工業新聞社 1900円+税
 弘中泰雅著 ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 日刊工業新聞社 2000円+税